美術解剖学会について
イベント案内
定期刊行物
入会のご案内
トップページへ
美術解剖学会について イベント案内 定期刊行物 入会のご案内 リンク

■お知らせ

美術解剖学会会員の皆様

春の足音が聞こえる頃。
皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
昨年1月よりCOVID-19の感染の広がりが国内外を広く覆い、結果的に非日常の生活が1年間続くこととなりました。

対面での開催を重要と考えております美術解剖学会では、2020年7月に予定しておりました第27回美術解剖学会大会も延期とし、年度内開催を模索しましたが、感染拡大の現状では開催は難しいと運営委員会で判断いたしました。

2021年2月現在、感染状況の収束はまだ見通せませんが、2021年度、Zoomなどを用いての遠隔配信での実施を現在検討しております。

例年7月の第3週土曜日を予定していましたが、講演者の準備もあることから、約1ヶ月半先に延ばし、第27回美術解剖学会大会『描線と美術解剖学』開催の第一候補日を9月4日(土)、第二候補日を8月28日(土)として、準備を進めております。詳細は会員の皆さまにあらためてご連絡いたします。

○日本顔学会の25周年記念イベントに協賛いたしました。以下ご案内します。

「日本顔学会25周年記念シンポジウム」<顔を知る・顔を楽しむ・顔で遊ぶ>

※オンライン開催

日時:2021年3月6日(土) 13:30〜17:45
参加費:無料
詳細は次のページをご覧ください。
https://www2.jface.jp/jface25/


■美術解剖学雑誌編集委員会からのお知らせ

○『美術解剖学雑誌』第22巻第1号を編集作業中です。
『美術解剖学雑誌』第23巻第1号の原稿の募集をいたします。
 原著、研究ノート、制作ノート、寄書、随想など多様なご投稿をお待ちしております。
 ご投稿の場合には事前にエントリー(事務局宛)をお願いします。
 原稿締め切り日:2020年10月30日

美術解剖学雑誌編集委員会 メールアドレス jsaa1994.edit@gmail.com

■事務局からのお願い

新年度となり、ご住所・ご所属の住所変更等は、会費振込用紙等に変更が分かるように明記するなど、
事務局にお届け下さるようお願い申し上げます。

美術解剖学会事務局 メールアドレス jsaa1984.info@gmail.com

第27回美術解剖学会大会準備委員会事務局

大会実行委員長:木下史青  大会実行副委員長:渡邉晃一、楜沢順
大会実行委員:伊藤恵夫、西 洋一、福江良純、森 敏美、渡邊晃一、今井良枝、岩井治樹、
立谷陽介、千鳥八雲、西原弘之

連絡先:〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8 東京藝術大学
美術教育(美術解剖学II)研究室内 美術解剖学会(事務局 宛)
Tel.050-5525-2273 Fax.03-5685-7778
美術解剖学会大会事務局 jsaa1984.info@gmail.com


■第26回 美術解剖学会大会 (※終了しました)■

日時:2019年7月20日(土曜日)  午前10:00より開会
(開会時刻は予定です。後日お送りするプログラムでご確認下さい。)
総会、特別講演、一般講演を行います。
○場所:東京芸術大学 美術学部中央棟 第1講義室
○交通:JR山手線 上野、鴬谷、日暮里 下車 徒歩15分
    東京メトロ 千代田線 根津 下車 徒歩20分



チラシはこちらからダウンロードできます(JSAA_2019.pdf:2.2MB

■ 第26回美術解剖学会大会 シンポジウムのテーマ
『レオナルド・ダ・ヴィンチ‐美術と科学』 
本年は、レオナルド・ダ・ヴィンチの没後500年に当たります。シンポジウムでは美術解剖学の鍵となるこの人物をテーマとすることになりました。  各分野の第一線でご活躍の先生方にレオナルドについて語って頂きます。レオナルドと発明(飛行)についてを 米田洋先生(帝京大学教授)に、レオナルドと人体解剖学についてを 島田和幸先生(鹿児島大学名誉教授)に、ルネサンス美術研究でご高名な田中英道先生(東北大学名誉教授)に、レオナルドの美術をテーマにご講演いただき、その後シンポジウムを行います。レオナルドの仕事と今日の展開について司会の渡邉晃一とともにディスカッションしていただきます。

■一般講演テーマ『観察と美術解剖学』
会員の皆様の一般講演のテーマは、レオナルドにも因む意味で『観察と美術解剖学』としました。これに関係する内容、あるいは、これ以外の多様なテーマでの演題を募集いたします。奮ってお寄せ下さい。


○大会へのご参加

  • 同封の出欠用葉書を6月10日までにご投函下さい。また当日昼頃に総会を予定しております。総会に欠席される場合は、返信葉書にある委任状を合わせてお送り下さい。
  • 大会参加費2.000円(学生500円、非会員3,000円)
  • キャッスル食堂(音楽学部)で行います(懇親会費3,000円)
  • 大会講演要旨集は当日受付にてお渡しいたします。

●一般講演演題の募集

  • 大会での一般講演の演題を募集します。発表をご希望の方は、同封の葉書かファックスにて、演題を5月30日(木)までに、また、講演要旨を6月7日(金)までに事務局宛にお送り下さい(講演要旨はA4縦位置、横書き1枚。演題、氏名、所属、要旨800字〜900字)。美術解剖学雑誌の巻末の大会講演要旨集をご参照頂くか、ご不明な場合、事務局までお問い合わせ下さい。
  • 一般講演の発表時間は原則、発表15分、質疑応答5分ですが、講演時間の調整(10〜30分まで、5分刻み)のご希望があれば演題とともにその旨お書きください。(講演者多数の場合は、委員会で調整させていただきます)。

○今後の大会についてのご意見をお寄せ下さい

  • 今回を含め今後の美術解剖学会大会企画へのテーマや課題、講演者について、会員の皆様よりのご提案随時お寄せ下さい。

美術解剖学会
〒110-8714 台東区上野公園12-8
東京藝術大学大学院美術教育(美術解剖学II)研究室内

© Japanese Society of Artistic Anatomy, all rights reserved.